ARTWORKS

SHUAN
THE COLOR OF BLOOD

朱殷

Shuan

If it weren’t for the fact that we prevailed over 400 million brothers whom we turned into rivals, none of us would have made it into this world at all.

Today, seven billion heartbeats representing the seven billion victors in this miraculous struggle echo around the globe.

Without realizing it we have become numb to the series of fortunes that is our continued presence on this planet, and, unable as individuals to gain any real sense of our own existence.

All our lives we repeat these contradictions, harming others and even ourselves in the process.

Animals whose will to live is so strong we are prepared to fight for it, we cling to this life we have won as proof of our status as victors.

The world appears to be colored brightly with people of all manner of skin,hair and eye color, but underneath, everything is the color of the blood that flows through us all.

It is this color alone that god gave to all living things without distinction, and this color alone that deserves to be called the one, absolute color.

Color exists only where light shines.

Of the countless color in the spectrum between pure white and pitch black,I want to cast loose those colors that are mine alone.

And yet I wonder:

Will the colors I see appear the same to you ?

                                          Tsunaki Kuwashima

Shuan (朱殷) : The blackish red color of drying blood.

朱殷

四億もの同胞を敵に回して勝たねば、僕らはこの世に生まれてくるこ とはできなかった。

奇蹟の勝利者たちは、この地球上に六十億の鼓動を響き渡らせている。

生きているという幸運の連続にいつしか麻痺してしまった僕らは、 自らの存在を個々で実感することができず、常に他者を必要としている。時に異質なモノを全て排して他と群れを成し、時に自分だけの存在 意義の手掛かりを捜す為に他と競い合う機会を窺う。

僕らは他者や自分までも傷つけながら、この矛盾を繰り返す。勝利者の証として命を獲た僕らは、闘うまでに生を欲する動物だ。

肌や髪、瞳に様々な色を持つ人々で世界は鮮やかに着色されている ように見えるが、その下地となっているのは、僕らの内を流れる血の 色だけなのだ。

その色こそが、生きとし生けるもの全てに分け隔てる ことなく、神が与えし唯一の色-絶対色-というべきものである。

光り射す場所にしか色は存在しない。 真っ白と真っ黒との間に閉じ込められた無数の色の中から、自分だけ の色を僕は解き放したい。

僕が見ている色は、君の瞳にも同じに映るのだろうか。

桑嶋維