ARTWORKS

THE AURORA
TOKYO

極光
東京

The Aurora

Tsunaki Kuwashima

Neon is the evidence of the desire of human beings.

Can we tame our desire?

Desire means to be the mainspring of us to drive us to our absolute must,“to live”.

Hence, it is difficult to tame.

Nevertheless, the death can tame it.

By extinguish the existence,The death makes everything end up in emptiness.

Human beings stared to make hole on the wall that divide the darkness brings by the sunset and the tomorrow,For the fear of death which is certain to come to all.

The stronger the desire is, the brighter the light in the darkness is.

There come just as many colors for in the darkness as there are more desires.

In the city, people and lights get thicker and thicker,and they are piled up high at the air that used to be called sky.

The stars scattered in the space used to be the light that we spent time together with till the sun rises,But we cannot find them in the city anymore.

The light surrounds us came to be the ultimate light And wiped out all the other lights.

The lights of our city are like aurora,Rising at the air at the mercy of stream of the times.

If you wish to see the aurora of our city moving to and fro,

You’d better close your eyes.

It should spark more beneath your closed eyelids.

You know that all is illusion.

極光

ネオンは人々の欲望の証とも言える。

欲望を人は止められるのだろうか?

元来、欲望は人に備え付けられた至上命題である

「生きる」ということを実行させる原動力であるが

ために、自ら止めることは困難だろう。

だが、「死」はそれを止める。

存在を消滅させてしまうということで「死」は

全てを「無」に還してしまう。

人は必ず訪れる死を恐れるが故に、沈む太陽が作る、

闇と明日との壁に穴を開け始めた。

欲望の強さだけ闇に光が広がり、欲望の数だけ

闇に光の色が溢れる。

街では人と共に光が密集し、かつての空へと

積み重ねられて行く。

宇宙(そら)に散在した星は陽が登るまで

共に明かす「明かり(アカリ)」であったが、

今はもうこの街にはいない。

君や僕が包まれている光は全ての明かりを消し去る

究極の光になった。

定まらない時流に翻弄されながら立ち昇ってゆく

僕らの街の光はまるでオーロラだ。

揺れ動く街のオーロラを見たいのなら、

その瞳を閉じたほうがいい。

きっと君の瞼の中でそれはより煌めいている。

なぜなら、すべて幻だから。

桑嶋維